So-net無料ブログ作成
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS

DV-7研究会北海道支部5月例会スペシャルセミナー [DV-7研究会]

例会1.jpg

例会2.jpg

 29日(火)1300〜1700の間、札幌エルプラザ4階第5研修室においてDV-7研究会5月例会を行いました。
 今回も前回に引き続き、ローランド社より渋谷氏と富沢氏をお招きし、DV-7GとDV-7HDの実機によるデモをお願いしました。
 今回は、後半の時間をDV-7GのグループとDV-7HDのグループに分けてそれぞれのQ&Aタイムとしましたが、時間が短く感じるくらいに皆さんの熱い質問が飛び交い、また今後の人生のビデオライフを如何にすべきかなどの人生相談も大いに盛り上がっておりました。
例会全般2個グループ.jpg

 ★こちらDV-7Gグループ
例会Gグループ.jpg

 ★こちらはDV-7HDグループ
例会③HDグループ.jpg


関連のコンテンツ紹介です


ビデオサロン4月号に掲載記事 [DV-7研究会]

ビデオサロン4月号370.jpg

 現在書店店頭で発売されています月刊「ビデオサロン」4月号(上記写真)にブログでも紹介しましたDV-7研究会北海道支部1月例会の模様が掲載されております。
 同誌のP150「ビデオクラブ通信」の冒頭に『今月のPICK UP!』として写真2枚入りで掲載されておりますので、ご紹介いたします。玄光社発刊のビデオサロン4月号をお求めの上、是非ご覧ください。

関連のコンテンツ紹介です


DV-7研究会北海道支部3月例会スペシャルセミナー [DV-7研究会]

DV-7HD370.jpg

 3月12日ローランドの富澤氏、渋谷氏に御来札頂き、特別セミナーを開催いたしました。
 今回は、まだ発売前のハイビジョン対応ワークステーションDV-7HD(上記写真)を富沢氏にプレゼンテーションして頂きました。DV-7HD本体が以外とコンパクトであったのにはびっくり。
 DV-7HDの発売予定価格は、およそ60万円だそうです。DV-7G(約4万円)に比べますと15倍くらいの価格になりますので、性能差がどれくらいあるのか参加の皆さんは、興味津々でセミナーに目と耳を集中して、熱心に研修しておりました。
DV-7HDセミナー370.jpg

 カタログなどから、特徴は、「Linear Live/快適なハイビジョン編集を安心、使い易さの電源ONで使えるターンキーモデル」と言うことだそうです。
 DV-7Gと比べたDV-7HDの特徴は、強力なスペックの専用デスクトップPC(ブルーレイドライブ付き)が装備されていること、入力フォーマットの多彩さ、A/Bロール、それに本格的な音声効果R-MIXがついてくるなどです。実際に会場で操作して頂きましたが、実演の度に皆さんから驚きの声が上がりました。
 DV-7GとDV-7HDの価格差については、皆さんやはり様々な声があるようです。
 A/BロールはDV-7Gにもバージョンアップで、つかないものか? 中間の価格帯のモデルは出ないのか? などなど…
DV-7HD比較表370.jpg

 いずれにせよ、DV-7HDの性能の高さには皆さん納得できたようです。
 後半は、渋谷氏の担当で、DV-7Gについての様々な操作テクニックの紹介などが実演されました。
 購入した人でもまだ知らない裏技的なテクニックも多くあるようで、盛んに質問が飛んでいましたね。
 休憩間には、展示機材に皆さん釘付けでした。今後ユーザーが増えるのは間違いないようですね。
DV-7HD370見学①.jpg

DV-7HD370見学②.jpg



関連のコンテンツ紹介です


ローランドのDV-7HDのデモ [DV-7研究会]

370.jpg

 DV-7研究会では3月も1月に引き続きローランドの新製品を紹介するスペシャルイベントの例会を行います。
 特に今回は、まだ発売前のDV-7HDの現物を使用してのデモンストレーションが予定されており、必見です!!
 このために東京から富澤氏ほかスタッフが来札されます。 ご購入予定や興味のある多くの方々のご参加をお待ちしております。当会員以外でも結構です。

日 時:平成24年3月12日(月)1330〜1700
     
場 所:札幌エルプラザ3階OA研修室

内容予定:
今回はDV-7Gと合わせ新製品DV-7HD(現物あり)を主体に行います。
時間計画: 
1)DV-7HD 13:30〜14:20
  ・製品紹介・DV-7Gとどこが違うか DV-7DLとどこが変   わったか ご質問にこたえて
2)DV-7G 14:30〜16:00
  ・準備編:ご購入で必要なところ
  ・入門編:使用習得で大切なポイト ・DV-7Gでこんなに   便利になった ・ご質問に答えて
3)フリートーク 16:00~16:30

★参加費は700円  
★1730頃から有志にてJR札幌駅周辺にて懇親会を予定いたします。会費は¥4000円。
 参加の方は、あらかじめ小島携帯(090-8896-8876)までご連絡ください。


DV-7研究会北海道支部スペシャルセミナー [DV-7研究会]

OA研修室看板370.jpg

 昨日1月17日に札幌エルプラザにおいて、DV-7研究会北海道支部例会を開催しました。
 今回は新春スペシャルセミナーとしてローランド社から富沢氏、そして同アトリエビジョン事業部から渋谷氏と山内氏をお迎えし、昨年発売となったビデオキャンバスDV-7GとHD VIDEO WORKSTATION DV-7HDの概要ブリーフィングを映像を交えてデモして頂きました。
 ★準備中の富沢氏(写真のシステムは私のSONY VAIO LタイプとDV-7G)
準備中富沢氏370.jpg

 ★DV-7Gについて説明中の渋谷氏
渋谷氏370.jpg

 セミナーの前半は、DV-7Gについて担当の渋谷氏により、その場で撮影した写真や映像を用いて手軽な編集を実演して頂きました。またロイヤリティフリーの写真や映像そして音楽素材のダウンロード要領についても実際にインターネットをつないで解説、参加者はDV-7Gのパフォーマンスを実感することができました。
 また、後半は、お馴染みの富沢氏により、この春に新発売となるDV-7HDについて概要を説明して頂きました。プロ仕様でありながら、シンプルで直感的なシステムには興味がそそられました。
 特に、画期的な音声処理技術「R-MIX」で高品位な音づくりを実現可能としたシステムはサウンドにうるさい編集者には魅力でしょう。
富沢講師アップ370.jpg
370.jpg

会場全景370.jpg

 約3時間を超えるセミナーでしたが、参加者にとってはとても有意義な充実した時間でした。その後は、場所を変えてJR札幌駅近くの居酒屋で講師の皆さんと共に懇親を深めました。
講師を囲んで370.jpg


関連のコンテンツ紹介です


新春ハイビジョン編集セミナーのご案内 [DV-7研究会]

DV-7研究会スペシャルセミナ370.jpg

 DV-7研究会北海道支部では、新春スペシャル・セミナーとしてRoland社からスタッフをお招きしてDV-7GやDV-7HDのプレゼンテーションを行います。
 ハイビジョンビデオ編集をこれから始めたい方、ビデオ編集に興味のある方是非ご参加してください。北海道内、札幌近郊では、またとない機会となります。
 フリーの参加も歓迎いたします。会場の席の関係もありますので、できれば事前にご一報頂けるとありがたいです。懇親会参加希望者は連絡必須です。(連絡先)小島携帯 090-8896-8876

 日時:平成24年1月17日(火)1330~1700
 場所:札幌エルプラザ3階OA研修室
 参加費:会場借上げ代として500円/1人
 ★Rolandスタッフを交えての懇親会:1730~1930(会費4000円)

関連のコンテンツ紹介です


DV-7研究会11月例会開催 [DV-7研究会]

DV-7G研究会370.jpg

 本日久々に(半年ぶり)DV-7研究会を札幌エルプラザにおいて開催しました。(上記写真)
 本日の研究テーマは、もちろんビデオキャンバスDV-7G。(下記写真)
DV-7G370.jpg

 提携店(ビデオラボスタジオ)から送られて来たプロモーション用のDVDなどを観賞してDV-7Gへのイメージアップを図りました。
DV-7G研究中.jpg

DV-7Gデスクの上370.jpg

 参加者の皆さんの関心は極めて高く、遠く中富良野からはHIさん、美唄からはTKさん、そして小樽からはKKさんが参加して頂きました。
 特に関心が高かった内容は、DV-7Gのプラットホームとなるパソコンのスペックに関する事項、ABロールの機能に関するものなどでした。
 次回は、年明けの1月17日。その時には、DV-7G購入者は間違いなく増えている事でしょう。

関連のコンテンツ紹介です


DV-7研究会2010年1月例会 [DV-7研究会]

 ★DV-7研究会会場風景
会場風景.jpg

 昨日20日、札幌エルプラザ3階工芸室においてDV-7研究会2010年度1月例会を開催しました。
 寒い中、今回も登別や美唄、そして札幌近郊から皆さん集まって頂きました。
 作品紹介コーナーでは、まず、大塚さんのパークゴルフの記録。豊平川河川敷での楽しいゴルフの模様が活き活きと描かれておりました。時折、トンボのアップ映像なども入っており季節感も感じられる作品です。映っている人も知った人ばかりだったので、会場は結構盛り上がりました。
大栗.jpg


 次いで、斎藤さんの三角山の初日の出映像。コミック風な映像は、いつもの斎藤流で楽しめました。
斎藤.jpg


 対馬さんは、以前見せて頂いた娘さんの結婚式のプロフィール紹介ムービー完成版とエンドロールムービー。さすがビデオ撮影編集の趣味を持つ父親の労作です。娘さんご夫婦もこれらの映像には、きっと大感激したことでしょう。
対馬.jpg

対馬②.jpg


 大栗さんは、北海道消防学校の実科査察の模様をまとめたもの。6ヶ月間の訓練成果を披露する隊員たちの真剣な訓練ぶりとそれを見つめる家族の皆さんの表情がよく捉えられておりました。
大栗②.jpg

大栗本人制作.jpg


 小林さんは、小樽港で行われた港湾テロ対策訓練の記録。緊迫感のある実戦的な訓練の模様にみな注目。しかしDVDの再生が途中で止まってしまい残念。DVDの品質(非国産)によるものか、録画状態に起因するものなのか分かりませんが、次回に期待ということで…
小林.jpg


 後半の時間は、先般の講師、北原守夫さんから送られて来た映像作品集を見て関東エリアの作品の充実ぶりを今後のそれぞれの制作の参考にいたしました。
 最後にフリートーキング。しばし映像制作に関する様々な苦労話などで盛り上がりました。
フリートーク.jpg


 1700時過ぎからは、場所を札幌駅前アスティビル1階の「ととと」に変えて、新年会。
 今年もみんな健康でビデオ編集を頑張りましょうと誓い、楽しいひとときを過ごしました。
宴会②.jpg
宴会③.jpg
宴会①.jpg



北原守夫氏ビデオ講習会、盛会裏に終了 [DV-7研究会]

会場風景小さい.jpg


 9月22日、札幌駅北口の札幌エルプラザにおいて北原守夫さんのビデオ講習会をDV-7研究会北海道支部の企画として実施いたしました。
 会場には熱心ないつもの会員の皆さんと先日講師として『BGMのクリエイター』の立場でレクチャーして頂いた寺西さんもお見えになりました。

タイトルの話小さい.jpg

講義中小さい.jpg


 映画の話で始まりそして最後は黒澤明監督の『映画と音楽は+の関係でなく×の関係である』とのお話で締めくくられまして、BGM音楽へのこだわりに特化した中身の濃い3時間の講義でありました。

結言小さい.jpg


 北原先生の音楽にこだわった作品がいくつも紹介され、とても84歳とは思えない映像制作への熱い想いが伝わって参りました。年齢的には私の亡くなった父と同年代ということもあり、何か親しみを感じながら3日間おつきあいをさせて頂きました。
 実は北原守夫さんはあの北原白秋と極めて近いご親戚でもあります。きっと芸術文化に秀でた血筋なのでしょうね。
 懇親会の席では、ご自分がお父様の跡を継いで社長を勤めた「玄光社」のネーミングは実は北原白秋がつけた名であるとのエピソードも披露され参加の会員はいたく感動感心しておりました。
 奥様共々はるばる札幌までいらして頂き本当にお疲れさまでした。今後も全国行脚の講演ツアーが続くそうですが、お身体に気をつけて頑張って下さいね。

集合小さい.jpg

懇親会の集合写真小さい.jpg


 末筆ながら北原守夫さんは自ら映像関連の御本も出版されておりますのでご紹介いたします。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%96k%8C%B4%8E%E7%95v/list.html


 

関連のコンテンツ紹介です


DV-7研究会北海道支部11月例会スペシャルセミナー [DV-7研究会]

岡崎全景1.jpg
白版.jpg
 ★会場風景とスペシャルセミナーのメニュー

 11月26日(木)DV-7研究会北海道支部例会のスペシャルセミナーを札幌エルプラザの研修室で行いました。
 今回は、スペシャルの看板通り、京都のビデオ・ラボ・スタジオ(株)の中島俊一社長やエフカフェ・プロダクツ(株)の岡崎充良社長を特別講師にお迎えし、作品鑑賞と講評レクチャー、ハイビジョン編集&サウンド編集のレクチャーをして頂きました。

岡崎2.jpg
 ★講師の岡崎氏

 カラオケ小樽運河.jpg
 ★カラオケビデオの作品も登場(外崎作品)
斉藤作品.jpg
 ★斎藤企画のコミカルな作品
大栗.jpg
大塚.jpg
斉藤.jpg
 ★会場は会員たちの熱気で熱い!

 作品鑑賞では、会員が持ち寄った5分程度の映像を見ながら、岡崎氏が同時にDV-7に取り込み素早いジョグシャトル操作で該当場面をサーチしながら小気味よいワンポイントアドバイスが実施されると会員みな真剣に頷きながら聞き入っておりました。(上記写真)

岡崎2.jpg
画面1.jpg
画面2.jpg
会場全景撮影中.jpg

 また、DV-7の音声効果を使いこなすための基本テクニックを紹介頂きました。特に、ノーマライズ、コンプレッサー、イコライザー機能、ナレーションなどの音質の整え方などは、会員がほとんど使っていない機能であり、大変参考になりました。
 次いで、「HDV、AVCHDからダウンコンバートをいかに高画質に行うか」など、会員が日頃、編集上苦労していることについて的確なアドバイスを頂きました。
 またレクチャーを通じてハイビジョンがもてはやされる時代においてもSDモードのDV-7がまだまだ十分活用しうるシステムであることを再認識いたしました。
 日帰りの強行軍の出張セミナーツアーを快く引き受けて頂いた講師の皆様に心から感謝申し上げます。

全員小島も.jpg
 ★講師を囲んで全員で記念撮影

生キャラ1.jpg
 ★新進気鋭の岡崎講師へ北海道支部会員一同から生キャラメルのお土産

生キャラ2.jpg
 ★同じく中島講師へも