So-net無料ブログ作成
検索選択
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS
気になる… ブログトップ
前の10件 | -

ZONEに入って来た錦織圭 [気になる…]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00010012-tennisnet-spo
 イタリア国際での錦織圭の昨日のガスケ戦での闘いぶりを見ますと、松岡修造風に言いますとまさに「ZONEに入って来た!」感があります。これは優勝!行けるかも。

土漠の花 [気になる…]

Unknown.jpeg

 最近気になった本「土漠の花」
 何とプロモーションビデオが公開されている! 映画化して欲しいような内容のようです。登場するのはひょっとして第1空挺団の隊員か??

関連のコンテンツ紹介です


マスコミは錦織圭一色ですね! [気になる…]

錦織見開き記事370.jpg

 今朝の「ワイドショー」テレビはどこをつけても錦織圭の「ジョコビッチを破って全米オープン決勝進出」一色です!
 スポーツ紙も第一面はすべてKei Nishikori。写真は日刊スポーツです。第1面と最終面(裏)を使って全紙大の錦織圭の決勝進出の瞬間の写真です。こんなの初めて見ましたね! 自宅のリビングの壁に貼っております。(上記写真)
 明日は、きっと優勝なので、次はどんなTOP記事にするんだろうか?? 余計な心配か?

関連のコンテンツ紹介です


やったね!錦織圭選手 [気になる…]


 本日未明に行われたテニスの全米オープン。対ジョコビッチ(ランキング1位)戦、錦織選手は見事に勝利!
 深夜〜未明の試合でしたが、眠気を誘われることも無く言う間の3時間が経過しましたね。錦織選手はランキング1位を相手に終始押し気味でした。
 日本人らしく、まさに心技体+コーチとの一体感が伝わる試合。
 あとはこの勢いで優勝あるのみ!
 このまま行っちゃそうだあ!!

関連のコンテンツ紹介です


金子快之(やすゆき)さんのツイッター発言問題について [気になる…]

スクリーンショット(2014-08-29 19.00.51).png

 今、札幌市議の金子快之(やすゆき)さんのツイッター発言が新聞マスコミで騒ぎになっておりますのは皆様ご承知かと思います。
 私は、通常、あまり政治的な問題に関してはブログなどでは発言しないことにしておりますが、これは理不尽ではないかと思う事象に出くわした時や、これは世間一般にも是非知ってもらいたいと直感した場合には敢えて取り上げることにしております。
 過去には、海上保安官であった一色正春氏が「中国漁船による海保艦艇への体当たり映像」をYOU TUBEに流した問題では、私の考えを掲載したことがあります。
 今回、金子さんが「アイヌ民族はもういない」とツイッターで発言したと言うことが大きな問題になっておりますが、私は金子さんと若干ではありますが面識がありましたので、あの金子さんが何故そのような発言に至ったのか?とても不思議で、報道されている裏に何か私ら一般市民が知らないことがあるのではないかと思った訳です。
 言葉尻を捉えたような一方的な報道や、謝罪要求の前に、まずは本人の真意なりご意見を聞いてみたいものですね。現在のような「100対ゼロ」の状況について、私は疑問に思います。

 その後色々と調べたり研究者のお話を聞いたりしているなかで、私は、アイヌを巡る様々な問題があることを知ることになりました。
 「アイヌ民族」と呼ぶことについても様々な論議があることや、アイヌの皆さんへの各種施策のため多くの国税が投入されていること、そしてその使い道について不明朗な部分を指摘する意見があること、アイヌであるかどうかの判断基準が必ずしも明確ではないこと等々…
 私はアイヌの方に何の恨みも偏見もございませんが、一納税者の視点から見ましてこれは、きちんと精査すべきことがあるのではないかと思いました。
 そのような観点から見ました時に、今の北海道新聞や毎日新聞など道内各紙の報道にはその視点はほとんどありません。これはどうしたことなのでしょうか??

 このような書籍を見つけました。既に数年前に発刊されており、今年その改訂版が出ております。
スクリーンショット(2014-08-29 20.00.27).png

http://books.rakuten.co.jp/rb/12806668

 報道にタブーがあってはいけません。アイヌ問題もしかりでしょう。
 金子快之氏の真意を聞く場も是非設けて頂きたいものです。聞いてみたいです。批判するのはそれからでも遅くないでしょう。各マスコミさんよろしくお願いします。

関連のコンテンツ紹介です


赤レンガ庁舎周辺の新たなスポット誕生! [気になる…]

赤レンガ②370.jpg

 北海道庁の赤レンガ庁舎と言えば札幌の観光スポットの代表的なもののひとつです。
仕事でよく通る場所でもあります。
 札幌市では、都心をにぎわいあふれる空間とするため、北3 条通(市道北 3 条線)」の西4丁目部分を整備中で北海道新聞によりますと明日オープンだそうです。
 何と21万個の赤レンガを敷き詰めたとか!
赤レンガ③370.jpg

 この界隈は、北海道庁赤レンガ庁舎に面し、土木遺産に指定された木塊舗装やイチョウ並木が現存するなど、札幌の歴史や文化が感じられます。とてもいい雰囲気の空間になりそうです。
 写真のように札幌駅前通りから赤レンガ庁舎を見通しますと広々とした(長さ約100m)新たな美しい公園が見渡せます。
赤レンガ④370.jpg


 観光客のみならず札幌市民にとりましても憩いの空間になることでしょう。
 皆さんも明日以降、是非訪れてみては如何でしょうか?

 ★札幌市が公開しております完成予想図です
赤レンガ完成予想図370.jpg


関連のコンテンツ紹介です


安倍晋三氏、自民党総裁へ [気になる…]

安倍氏総裁へ号外370.jpg

安倍氏語る370.jpg

 ★「明治の精神」を今の日本に活かせと熱く語る安倍晋三氏(上記写真)

 注目の自民党総裁選挙は、決選投票の結果、石破氏を破って安倍晋三氏が勝利しました。
 健康を危ぶむ声も聞かれますが、自らの失敗を認めた安倍氏の謙虚さには今度こそとの期待感も大きいようです。民主との政権交代はもはや時間の問題のようなマスコミ報道がなされております。まさに自民党の真価が問われる今後の政治情勢でしょう。
 ところで、7月に札幌で開催された日本会議主催の「今改めて「明治の精神」を考える」の講演会に安倍氏が参加されておりました。
http://www.ne.jp/asahi/nippon-kaigi/hokkaido
 会場は安倍氏の再登板に期待する声が多く、熱いエールも送られておりましたね。今にして思いますと「流れ」が来ておったのかも知れません。
 「明治の精神を今一度想い出そう」との安倍氏の静かな口調の中にも熱い弁舌が印象に残っております。
 氏の座右の銘は「初心忘るべからず」とか。日本も今、明治時代の『初心』に返って再出発することが求められているのかも知れません。
 講演会の模様はしっかりとDVD2枚に収録しております。必見です!

 ★講演会を撮影中
明治の精神」撮影中370.jpg

 ★完成したDVD
DVDジャケット明治の精神370.jpg



気になる曲 Long Train Runnin' [気になる…]

LONG TRAIN….jpg

 先週の火曜日夜、BS-TBSの番組「SONG TO SOUL」でドゥービーブラザースの♫Long Train Runnin' が紹介されました。
 再放送だったんですが、なぜかイントロのフレーズが耳に残るこのナンバーはいつもふと聴きたくなる♫名曲ですね〜 ともかくカッコいい!!
 私がイチオシのこのSONG TO SOULと言う番組。ひと月に4〜5回の放映中、新規タイトルほぼ1回。他は、いずれも再放送。でも視聴者としては全く問題ないです。1つの曲へのこだわりの取材の手間ひまを想像するとそれで十分です。
 スタッフの皆様の苦労が偲ばれますというか、番組作っていても楽しいだろうなと思いますね。
 どの回ももう一度見たい!と言うものばかりですから。ほとんど気にもしていなかった曲がこの番組を通じて理解が深まり好きになることもあります。曲のルーツを知るとその後の曲の聴き方が違ってくると言うのが本当に不思議です。
 今回は、ゲストコメンテーターが矢沢永吉さん。まさに団塊の世代のこの方の一言一句がドゥービーの神髄を表現しておりました。私は少し(といっても2年くらい)後の世代ですが。
 70年代、イーグルスと並び称されるウェストコーストサウンドに酔いしれました。
 ただし、予約録画したSONYのギガポケットが不調(放送電波のせいか?)で、肝心のシーンが音も映像も乱れっぱなしで…(泣)
 BS-TBSさん、再々放映よろしくね!!

 それでは、YOU TUBEからロングバージョンを…クリックすればYOU TUBEへジャンプ
http://www.youtube.com/watch?v=BlAmc9Nnebk

気になるテニスプレイヤー錦織圭 [気になる…]

錦織370.jpg

 昨日は、様々なスポーツアスリートの活躍がニュースとなりましたが、日本を代表するテニスプレイヤー錦織圭選手が全豪オープンテニスで3回戦を突破しました。
 全豪での男子の3勝は何と80年ぶりだそうです。2度のタイブレークを制して粘るフランスのベネトーを見事に破りました。WOWOWで試合冒頭から最後まで思わず見入ってしまいました。
 若さに勝る錦織が最後は勝つと信じていましたが、錦織選手は昨年から比べ、技術もメンタルも長足の進歩を遂げていましたね。
 彼はもうとっくにあの松岡修造さんを超えているとは思うんですが、松岡さんも昨年のテレビ番組でほどなくベストテンに入れる選手だと言っておりました。
 探してみたら、錦織圭選手の公式のブログを見つけたので還暦のミーハーじじいは思わずコメントをしてしまいました。(笑)
http://blog.keinishikori.com
 ブログを読みますと、ベネトーの1戦が如何にタフな試合だったか分かります。しかしそんなタフな試合を6〜試合もこなして優勝するんですからトップクラスのフェデラーやナダルはほんとに凄いということですよね。
 これで錦織はベスト16へ進出、次の相手はフランスのツォンガ(第6シード)。テニス界のモハメドアリとも異名を取る攻撃テニスのパワーヒッターだそうですが、22歳の伸び盛りの若者には格好の相手かも。
 近い将来トップを目指せる選手であることは間違いないようです。頑張れ錦織!!
 昨年のなでしこジャパンのワールドカップ制覇に始まり、我が札幌日本ハムのダルビッシュ大リーグ移籍など日本人アスリートの世界での大活躍が楽しみな2012年になりそうです。

関連のコンテンツ紹介です


「坂の上の雲」完結 [気になる…]

ピクチャ 2.png

 NHK「坂の上の雲」が完結しましたね。
 私は昨日の再放送版でようやく最終回を見ることができました。
 2003年の撮影準備から何と8年間を要したと言うこの番組は、映画を超えるテレビドラマを目指して制作されたのだそうです。
 特に戦闘シーンが陸戦(奉天会戦や203高地の戦いなど)、海戦(日本海海戦など)とも素晴らしく史実に忠実でリアルに制作されており感銘を受けました。VFX(ビジュアルイフェクト)のスタッフの苦労が偲ばれました。確かに映画を超える大迫力で思わず見入ってしまいました。
日本海海戦370.jpg

 歴史的な名場面も数多く再現されておりましたが、どれも極端でなく渋く押さえた表現であり印象的で心に残りました。出演俳優、挿入歌、ナレーション(渡辺謙さん)いずれも善かったなあ。
 それぞれの名シーンとその時の登場人物の言葉とともに走馬灯のように甦って来ます。そんなドラマってあまりないですよね。
 日露両軍の描き方も公平で丁寧でしたね。ロシア陸海軍の描写にも手を抜いた感じはありませんでした。
ロシア海軍370.jpg

 最終回で、真之がロシア海軍に対して「武士の情け」を体現した場面、妻の季子に多くの戦死者を出した苦しい胸の内を吐露する場面が印象に残りました。真之も人の子でありました。武人軍人と言えども人間の情を失ってはならないことを暗示するシーンでした…
真之と妻370.jpg

 近代日本の冒頭の時代「明治」。我々から遠いこの時代をこのドラマ「坂の上の雲」は身近に感じさせてくれました。
 そしていま混迷の日本と日本人に進むべき道を示してくれたような気がします。
 原作の司馬遼太郎さんが、もしこのドラマをご覧になったらどんな感想を述べられることでしょう…
http://www9.nhk.or.jp/sakanoue/specials/


関連のコンテンツ紹介


前の10件 | - 気になる… ブログトップ