So-net無料ブログ作成
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS

北部方面隊創隊記念行事 [DVD紹介]

370.jpg

 今年は陸上自衛隊北部方面隊創隊65周年だそうです。
 私は九州出身ですが、部隊勤務は総てこの北海道でしたので、思い入れはひとしおです。
2002年の10月13日に札幌ドームで行われた北部方面隊創隊50周年記念行事は忘れられない思い出です。
 あとにも先にも札幌ドームで自衛隊行事を開催することは無かろうかと思います。
 毎年、この時期になりますと来道されるのが当時の北部方面総監先崎一氏。
 元総監を囲んで当時の行事スタッフたちが集う先崎会が今月13日に開催されます。まさに同窓会みたいなものですね。
 今年はあれから早や15周年の節目と言うことで、当時の札幌ドームでの行事を記録した映像データ(アスペクト比4対3)からハイビジョンテレビ対応の16対9にコンバートしてBlu-rayディスク版を作ってみました。
 もちろんDVD版も16対9でございます。あの北部方面隊にとって歴史的なイベントをこの機会に振り返って観るのもよろしいのではないでしょうか。
 ご関心ある方はお問い合わせください。
 info@hajimevision.com または09088968876まで

 ★86分の収録映像からピックアップ!
370①.jpg

370②.jpg

370③.jpg

370④.jpg

370⑤.jpg

370⑥.jpg

370⑦.jpg

370⑧.jpg

370⑨.jpg

370①0.jpg

370①1 .jpg

370①②.jpg

370①③.jpg

370①④.jpg

370①⑤.jpg

370①⑥.jpg

370①⑦.jpg

370①⑧.jpg

370①⑨.jpg

370.jpg



続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

西田秀男氏追悼ヒストリーDVD3部作 [DVD紹介]

西田秀男370総集編.jpg

 今年8月に亡くなられた我等の大先輩、西田秀男元陸将の98年の人生を辿る追悼DVD三部作が完成しました。
 総合タイトルは「我が心は大空に在り/西田秀男ヒストリー」
 第1部は、「我が人生を語る/インタビュー総集編」40分
 第2部は、「第1空挺団編/現地取材・インタビュー」46分
 第3部は、「我が人生を語る/インタビューノーカット完全版/資料映像集」95分
西田秀男370空挺編.jpg

西田秀男370ノーカット資料編.jpg


 亡くなられる3ヶ月前に西田さんのもとに伺い制作中のDVDをお見せしたところ、ベッドに横になっておられたのですが、空挺団の映像が画面に流れ始めると身体を起こして身を乗り出してご覧になり「いいビデオを創ってくれたね」と労いの言葉をかけていただきました。
西田秀男370病床②.jpg

西田さんの自衛隊生活でも最も思い出深いのが習志野駐屯地の第1空挺団勤務時代だったんです。
西田氏は旧陸軍の経理学校出身で終戦時は陸軍少佐。
取材時に、印象に残っているお言葉。
自衛隊と陸軍の違いは何かとお聞きすると「陸軍は戦う軍隊、自衛隊は民間色の強い平和を守る軍隊。少し物足りなかった。」
陸将退官後の警備会社創業については「会社を興すのに重要なのは人と金」「幹部陸曹を経験した人は会社に貢献できる。与えられた任務に邁進しようとする責任感があるから」
西田秀男370病床①.jpg

このDVDは、今月末に各界多くの方々が集う「西田秀男氏を偲ぶ会」で上映を予定しております。

関連のコンテンツ紹介です!


nice!(1)  コメント(0) 

陸自を知り尽くした者ならではの映像表現を目指す [DVD紹介]

宝島表紙最新370.jpg

宝島裏表紙最新370.jpg

 この作品、宝島社出版の『日本を守る陸上自衛隊部隊密着DVDBOOK』は、HAJIMEVISIONレーベルとして、これまで販売されていた単品の作品(3000円〜3500円/1作品)のダイジェスト版が2本立てとなり、更に新たなる特典映像が加えられたものである。販売価格は1,296円(税込)と言う破格の値段である。若い人でも手がでる価格帯である。
 東日本大震災でその献身的な活動ぶりがあらためて国民に見直された自衛隊。隊員たちの過酷な災害派遣活動を支えたのは戦後創設された自衛隊の先達たちが営々として築き上げた「与えられた任務」へひた向きに取り組む姿勢。これは自衛隊の持つ『DNA』とも言えよう。
 日々の弛まぬ訓練があってこそ、一朝有事の際に国民のお役に立てるのが国を護る防人たちの役割である。決して普段一般の国民に知られる事のない真摯な隊員たちの日常の訓練に密着して、その魂の一端にまで触れることのできる作品はこれまで一部を除いてそう多くはなかったと思われる。随所に挿入される隊員たちのインタビューは字幕スーパーやナレーションではなし得ない魂の発露として観る者の心を打つ筈である。
 第2弾も乞うご期待!!

関連のコンテンツ紹介です!


DVD「北部方面隊隊歌映像集」ご感想メール [DVD紹介]

DVDジャケ隊歌映像集370.jpg

 私の作品群のインターネット販売サイトを通じてDVD「我が心の北部方面隊〜北部方面隊隊歌映像集」をご注文頂いた北海道内のAYさんから観賞後の感想メールが届きました。以下に紹介させて頂きます。
(以下内容を抜粋し転記)
 本日早速観賞させていただきました。どの部隊も良くまとめられた解説と貴重な映像、そして隊歌と三本立てで楽しむことができ、非常に満足しております。
 北部方面隊は北海道駐屯ということでその活動を直接目にする機会がないのですが、本DVDにおいて、インターネットなどでも見ることのできない、訓練の様子などを拝見でき、また隊員の間で愛唱される隊歌も試聴でき、とても参考になるものでした。
 この度はありがとうございました。
 (以上)

 AYさんのご購入の動機は、学校の校歌、自衛隊の隊歌など、団体で歌われる音楽に感心を持っているため、参考に購入したいということでした。
 全く一般の方にもこの作品の映像と隊歌を通じて北部方面隊の隊員たちの真姿と熱い想いの一端を伝えることができたのかなあと嬉しく思いました。
 HAJIMEVISION作品のインターネット販売サイトはこちらです。是非一度御覧下さい。
http://www.military-spirit.com
MILITARY-SPIRIT画面370.jpg



関連のコンテンツ紹介です


千歳基地航空祭がやって来る! [DVD紹介]

370.jpg

 千歳基地航空祭が近づいて来ましたね!
 私は、今、必死で昨年の同祭のビデオを創ってます(汗)
 限られた1日24時間の中で、ともかく編集時間を捻出するのが大変な状況で…
 ようやく全編の編集が終わった所です。昨年は、航空祭当日の気象条件が曇りベースで、フライトの大部分が中止の憂き目に会いまして、観客もがっかりしてたのを思い出しながら、4人のカメラマンが苦労して撮ってくれた映像素材をあれこれと駆使し(と言っても映ってないものは仕方がないし…)ようやく完成に漕ぎ着けたところです。
 昨年は、ブルーインパルスも何とか飛びましたが、ハイライトは何と言っても、つかの間の晴天を縫って千歳の空を縦横に乱舞!?した三沢の米空軍F-16 DEMONSTRATION TEAMが圧巻でした!!
F-16地上スタッフ370.jpg

F-16飛行中370.jpg

 地上クルーの動作も機敏で洗練されていてかっこよかった。ということでジャケットの表紙は今年は米空軍F-16 DEMONSTRATION TEAM!!です。
 作品本編の収録時間は70分。特典映像は、「前日快晴のもとでのブルーインパルスのプラクティス・フライト」それに、CGで創った「ブルーインパルス五輪マークを描く」最後にはHAJIMEVISIONとあだちビデオのPVまでついております。これで+5分。BD & DVD仕様(計75分)です。
 これで当日の野外売店の販売になんとか間に合った!!
千歳基地航空祭2015ポスター370.jpg

 ところで今年の千歳基地航空祭は7月19日(日) いつもより1ヶ月早いんで皆さん忘れないようにネ!!
 千歳基地のサイトによれば今年の目玉はブルーインパルスの他に何とあの「レッドブル・エアレース・パイロット室屋義秀氏フライト決定!」ということですよ!
レッドブル370.jpg


関連のコンテンツ紹介です


DVD「愛国者としての新渡戸稲造」プロローグ [DVD紹介]


 先般紹介しました新渡戸稲造にかかわる富岡幸一郎先生のご講演記録DVDの冒頭部分です。新渡戸稲造の札幌における足跡を後世に遺したいとの熱い想いで活動されている遠友夜学校再興塾による企画作品です。


関連のコンテンツ紹介です


「大丈夫か我が国の安全保障」志方俊之氏講話DVD [DVD紹介]

DVDジャケ2014志方氏表紙370.jpg

 現帝京大学教授で軍事アナリスト、元北部方面総監の志方俊之氏。私が20年以上前にお仕えした上司でもあります。
 その志方俊之氏が今年の8月に岩見沢でご講演をされた時の模様を編集したDVDがこのほど完成しました。
 タイトルは「大丈夫か我が国の安全保障〜30年後日本の立ち位置〜」
 講話は、尖閣諸島やイスラム国、そしてエボラ出血熱などのグローバルな世界的感染等々多種多様の脅威を、「現在」、「中期(2020年〜2025年)」、「長期(2025年〜2045年)」の時間軸で見積もることの大切さから始まり、ビジュアルなパワーポイント画面を駆使して、世界の動きを分かり易く読み解いて行きます。収録時間は90分です。

 志方氏の言葉の中で特に印象に残るKeyWordは、2枚目の写真(DVDジャケット裏面)にあります。
 それは、武士道精神に習い自衛隊を派遣するにあたっての5要件…
 ①自衛隊は強くなければならない。
 ②自衛隊は自分から先に刀を抜いてはならない。
 ③自衛隊は弱きを助けなければならない。
 ④自衛隊は為したことを恩に着せてはならない。
 ⑤自衛隊は為した後、黙って立ち去らなければならない。しかし、自衛隊が立ち去った後には華の香りが残る。
DVDジャケ2014志方氏裏面370.jpg


 まさにかつての自衛隊イラク派遣は上記の5要件が見事なまでに実践されたのでした。
 
 我が国ほど世界中が平和であることを必要とする国はない。そのために貢献する日本から責務を果たす日本への転換が求められている…

 DVDは、講話の目的に鑑み自衛隊関係者(現職隊員、自衛隊OB、そして自衛隊に心を寄せる人を含む)に限定して頒布(2000円+送料)を予定いたします。
 ご希望の方は、私の業務用メールアドレス(info@hajimevision.com)へご連絡下さい。

 ぜひとも皆様に、志方俊之氏の『日本の安全保障を想う熱き心の琴線』に触れて頂きたいと念願するものです。

関連のコンテンツ紹介です


あだちビデオの新作DVD「平成25年度富士総合火力演習」 [DVD紹介]

平成25年度富士総合火力演習370.jpg

 私の尊敬するビデオ制作プロダクション「あだちビデオ」の新作がリリースされ、本日、阿達勝志社長から私の手元にサンプルが送られて来ました。(上記写真)
 タイトルは、「平成25年度富士総合火力演習」カバーデザインは、10式戦車の砲口のドアップ!
 内容は、今年の夏、東富士演習場で行われた陸海空統合の離島奪回防衛作戦をシナリオとした実弾による大火力演習の模様を完全収録したものです。
 最新の10式戦車も登場しますし、今回は何とあの「ガールズ&パンツアー」でお馴染みの蝶野亜美1等陸尉(可愛いアニメキャラの女性自衛官)による解説映像もあるんですよ。
蝶野1尉370.jpg

 本番当日の一般公開においては、雨天のため空挺降下なども中止されましたが、この作品では晴天時の模様がちゃんと収録されており完璧です!さすが「あだちビデオ」です。これは見逃せませんね。
 価格は3800円(税別)です。
 私も早速見てみたいと思います。
 すぐにでも欲しい方は、直接あだちビデオ制作室の通販係へお申し込みください。
http://www.adachi-video.com/?pid=62275851

 急がない方は、来月始めには私の方でも販売できると思いますのでよろしくお願いします。

関連のコンテンツ紹介


DVD&ブルーレイ版「これが対戦車ヘリコプター隊だ!」 [DVD紹介]

DVDジャケット1ATH最新370.jpg

1ATHタイトルシーン370.jpg

 久々の新作です。タイトルは「これが対戦車ヘリコプター隊だ!」。ようやく最終の手直しが修了して完成しました。
 このビデオは、帯広駐屯地に所在する第1対戦車ヘリコプター隊を昨年の厳冬期から夏期に渡って取材撮影した作品です。サブタイトルに「スーパーメカを駆使する隊員たちのハートはマジ熱かった…」と記したほどにハードな飛行シーンもさることながら、隊員たちの心情に触れることの出来るインタビューシーンも盛りだくさんです。
 超多忙な諸業務の中、自分が創りたいものを煮詰めて完成させるまでには企画段階から完成リリースまで1年以上かかってしまいますね。そこが「こだわり…」の所以でもありますが…
 今回作品もDVD版とブルーレイ版が選択可能となっており、収録時間はヘリコプター大好きな方には大満足の74分です。
 ご希望の方はメールにてお申し込みください。 s-island@qa2.so-net.ne.jpまで。
 下記はプロローグシーン(約4分)です。

あだちビデオ渾身の「心ひとつに」〜東日本大震災自衛隊災害派遣活動の実録〜 [DVD紹介]

心ひとつにジャケット370.jpg

 ★あだちビデオ制作室作品 DVD「心ひとつに」ジャケット表紙(上記)
http://www.adachi-video.com

 東日本大震災という未曾有の大災害に対して十万人体制という自衛隊の歴史上かつてない規模で行われた「被災者の心を我が心としての」献身的な災害派遣活動は、広くマスコミも報道し、多くの国民の共感と信頼を得ました。
 このDVDビデオは、防衛省、陸海空自衛隊等の全面的な協力を得て、東日本大震災において自衛隊が行った広範多岐にわたる諸支援業務の全貌をあだちビデオ制作室(阿達勝志氏及びスタッフ)が、被災地等で何と50日以上にわたる丹念な取材活動により撮影した実録映像を中心に国民の皆様に紹介するものです。
 DVDが「心ひとつに」と言うタイトルになった経緯も作品の中で明らかになります。
 収録時間は106分、価格は2500円。売り上げの一部は、被災地の石巻市の小学生達が参加している牧浜獅子風流保存会への寄付金となるそうです。使っていた獅子が津波で流されてしまったのだそうです。伝統の継承に支障なきよう皆様のご協力をお願いします。
 自衛隊の東日本大震災災害派遣に関するこの種映像記録作品は全国初のものであり、稀有の感動ドキュメントとして皆様の心に響くことでしょう。
 丹念に積み重ねられて行く隊員達の活動する映像ともに全編に流れるナレーションは、時として隊員たちのその時々の心象風景と重なり、その思いを代弁し、強く印象に残ります。
 それは、制作者の阿達氏の自衛隊に対する長年の熱い想いに通じるものと考えます。
 阿達氏の、なみなみならぬ「撮影者としての使命感」こそが、この作品を創らせたものと思います。

 映像の中で紹介される米軍も含め10万人を指揮した当時の東部方面総監、君塚陸将の言葉です。
『我々の前には道はない。ケモノ道もない。でも後ろには道がある。その道の善し悪しは後世の人たちに判断してもらうしかない。そうであれば、自らの考える道を信じてやって行こうと決断した。』
 国を護る武人としても今回の任務が如何に苦難に満ちたものだったかが偲ばれる言葉です。
 作品の最後に隊員達の精神の原点である「自衛官の宣誓」が、新隊員達によって斉唱されますが、国の防衛こそ自衛隊員たちの基本任務であることを思い起こさせます。

 満を持して全国民必見のDVDが遂に登場してくれましたね!
 「日本における危機管理の実行組織として自衛隊という組織がいてくれて良かった…」と思わせる作品となっております。
 あだちさん、そして坂本訓広監督以下制作スタッフの皆さん、お疲れさまでした!

 DVDに関心のある方は是非ご一報ください。(090-8896-8876またはメール返信)
 映像の一部はこちらからご覧になれます


心ひとつにジャケット裏面370.jpg

 ★あだちビデオ制作室作品 DVD「心ひとつに」ジャケット裏表紙(上記)

関連のコンテンツ紹介です


メッセージを送る