So-net無料ブログ作成
検索選択
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS

ノーザンレスキュー2015 [撮影取材]

NorthernRescue2015シンボル370.jpg

 8月27日から29日の間、陸上自衛隊北部方面隊ノーザンレスキュー2015「災害対処演習」の報道公開に参加し密着取材を敢行いたしました。
 道東沖で発生した大地震に伴う津波被害を想定した災害対処訓練を北部方面隊が自治体、関係機関、米豪軍など連携して全道規模で行いました。
 初日(8月27日)は札幌病院拡充訓練、最新の装備を誇る自衛隊札幌病院は大規模災害に備え病床を倍増することが可能です。諸外国の武官団も研修に訪れました。
NorthernRescue2015札病①370.jpg

NorthernRescue2015札病③370.jpg

NorthernRescue2015札病④370.jpg

 北海道庁では災害対策本部の活動の一端を取材
NorthernRescue2015道庁①370.jpg

 2日目(8月28日)は第1ヘリコプター団のCH-47大型ヘリで札幌丘珠〜十勝飛行場経由〜釧路駐屯地へ空路機動。駐屯地インフラ復旧のための発電機を輸送するヘリに取材陣も同乗させて頂きました。
NorthernRescue2015チヌーク①370.jpg

NorthernRescue2015チヌーク②370.jpg

 事前に搭乗申請をし、搭乗時は認識票を身に着けます。万一の時に判別が出来るように。
NorthernRescue2015チヌーク③370.jpg

 釧路生涯学習センターで行われた防災セミナー。災害に対する意識の高揚が目的です。
 会場は、800名を越え超満員!! 北大教授 谷岡勇市郎氏、南三陸町長 佐藤 仁氏による基調講演のあと、2氏に加え元北部方面総監志方俊之氏、元統幕長折木良一氏、北海道危機管理監佐藤嘉大氏ら5氏による白熱のパネルディスカッションが行われました。司会は葛城奈海氏。
 冒頭の挨拶は岡部俊哉北部方面総監。
NR2015防災セミナー③370.jpg

NR2015防災セミナー①370.jpg

NR2015防災セミナー⑤370.jpg

NR2015防災セミナー②370.jpg

NR2015防災セミナー④370.jpg

 取材陣の宿営地は釧路昭和記念公園。チヌークで北海道DMAT(災害派遣医療チーム)らが続々と空輸で到着してました。
 私も10数年ぶりの天幕露営で現職時を思い出しましたね。入浴は第5後方支援隊補給隊が設営した「熊の湯」。東日本大震災時にも現地で活動したそうです。暖かい風呂は当時、被災者の方々にも大変感謝されたそうです。
NR2015公園①370.jpg

NR2015公園⑤370.jpg

NR2015公園入浴370.jpg

 医師や看護師に朝食を配食する鹿追の第5戦車大隊の隊員たち
NorthernRescue2015公園給食370.jpg

 3日目(8月29日)は釧路市、釧路町内での実動訓練の現場をつぶさに取材
 釧路川の浮橋架設、無人偵察機による海上情報収集、SCU(広域搬送拠点)における医療機関との連携、米陸軍ヘリ(UH-60)による患者空輸、輸送艦「しもきた」への民間ヘリ発着艦訓練など
NR2015浮橋②370.jpg

NR2015浮橋①370.jpg

NR2015浮橋③370.jpg

NR2015無人機①370.jpg

NR2015幣舞中③370.jpg

NR2015幣舞中②370.jpg

NR2015米陸軍ヘリ着陸370.jpg

NR2015米陸軍ヘリ①370.jpg

NR2015しもきた②370.jpg

NR2015しもきた①370.jpg

NR2015しもきた⑤370.jpg

NR2015しもきた③370.jpg


 私は定年退官後、この映像制作の仕事を始めて9年目になります。これまで北海道内の陸海空自衛隊に対し数十回の撮影取材をさせて頂いておりますが、今回のような充実した報道公開は始めてでした。 空路&陸路移動のご配慮を頂き、かつ北部方面隊の災害対処能力をつぶさに撮影できましたのも、総監部広報室の皆さんの密接なる調整統制の賜物と、全力サポートのご苦労に心より感謝申し上げる次第です!!
小島カメラマン釧路①370.jpg





関連のコンテンツ紹介です


千歳基地航空祭2015 [撮影取材]

16.jpg

 千歳基地航空祭2015 雨の中早朝3時に札幌を出て4時に千歳基地正門前に到着し、車の行列に並びました。雨模様の天気のためか皆さんの出足が遅いようで車列の先頭から20数台目に並ぶことができました。
 基地の広報で取材対応して頂ければもっと効率的な取材も出来るのですがね〜(東京周辺から取材に来られる方々異口同音でした。)
 愚痴はそれくらいにして(笑)
 オープニングの09:00頃には雨も上がりお客様も結構入って来ました。
17.jpg

 展示機などのメニューはおおむね昨年並みか。今年は政府専用機が復活。安倍総理の外遊も一段落でしょうかね。展示地域の両翼にKC-767(空中給油機)とB747-400(政府専用機)が配置されなかなか壮観です。
12.jpg

18.jpg

 201飛行隊は創隊30周年でしたね。オープニングまでにぐるっと展示地域を1周して写真を撮りました。
16.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

千歳基地②370.jpg

千歳基地①370.jpg

千歳基地370③.jpg

千歳基地370④.jpg

千歳基地370⑤.jpg

千歳基地370⑥.jpg

千歳基地370⑦.jpg

千歳基地370⑧.jpg

千歳基地370⑼.jpg

10.jpg

11.jpg

 千歳救難隊で、空挺同志会メンバーの東先任にお会いして隊舎内を案内して頂きました。2009年に撮影取材させて頂きDVD作品も制作しましたので懐かしい!!
 精鋭の誉れ高き救難員6名の方々にお会いでき光栄でした。集合写真を撮らせて頂きました。
19.jpg

救難員6名.jpg

 東准尉と私(左) 現役は精悍ですね!!
20.jpg


 フライトは軒並みに中止の憂き目に会いましたが、唯一の救いは、最後の最後に登場した室屋義秀氏のレッドブル! ぶっ飛んだアクロバット飛行は圧巻でしたね!! ブルーを尻目に意気揚々とタクシーウェイを往くレッドブル!!かっこ良かったなあ!!
22.jpg

レッドブル.jpg

 以上、千歳基地航空祭2015の写真レポートでした! 
 映像はもちろん今回もカメラ3台(上田、宮崎、小島)で収録しました。
 レッドブルがメインかも(笑)

関連のコンテンツ紹介です


第6期冬季遊撃課程教育(最終) [撮影取材]

冬季遊撃帰還徽章370.jpg

 1月初旬から教育実施中であった冬季遊撃課程教育が、2月24日早朝、最後の総合訓練が終了し、学生たち31名が、晴れの冬季遊撃徽章を授与されました。
 この日の取材は未明の04:00AMにフリーカメラマンの素利氏と自宅を出発、まだ真っ暗な北海道演習場西岡地区に前進しました。
 4夜5日約40キロの行程をいくつもの任務を達成しつつ遊撃戦闘隊は島松山を越えて西岡地区に到達しました。行程間の気象状況は、この時期としては比較的穏やかではありましたが、課程主任の小松1尉によりますと折からの雨に打たれ体力の消耗は激しかったようです。
冬季遊撃帰還(西岡)①370.jpg

冬季遊撃帰還(西岡)②370.jpg

冬季遊撃帰還空撮①370.jpg

冬季遊撃帰還空撮②370.jpg


 最終到達点手前付近で態勢を整えた戦闘隊は遊撃旗を先頭に歓迎の照明弾が焚かれる中、教官助教の出迎えを受け急造りのアーケードをくぐりました。元戦技室教官の紙屋氏がマルチコプターによる空撮をサポートしてくれました。映像的にも印象的な最後のセレモニーです。
 ↓「これで子供に会える!!!」
冬季遊撃子供に会える370.jpg

冬季遊撃鉄帽盃370.jpg

 ↓最後に飲み干した鉄パチの底には輝く冬季遊撃徽章がありました。手にする学生長の藤松2尉の顔には満面の笑みがこぼれます。
冬季遊撃とったどう!370.jpg

 恒例の「鉄パチ盃」は今年もまた学生たちを喜ばせました。隊員たちは甘酒を飲み干す度にそれぞれの熱い想いを口にしたのでした。
冬季遊撃帰還出迎え370.jpg

冬季遊撃帰還敬礼370.jpg

 その後、真駒内駐屯地において、家族や隊員たちが出迎える中、盛大な帰還行事が催されました。
 冬季戦技教育隊長平田1佐からは、一人一人に冬季遊撃徽章が授与されました。
 こうして今年もまた冬季積雪寒冷を克服した“遊撃戦士”が誕生したのです。
 全国から集った彼らは、またそれぞれの部隊に帰り陸上自衛隊の冬季戦技能力の向上に一役買ってくれることでしょう。
 そして、彼らの後に続く後輩の隊員たちがまた来期、「冬季遊撃」にチャレンジすることを期待したいものです。
 今回の2ヶ月間に渡る一連の撮影取材した素材は今後編集し、5月中旬には映像作品「冬季遊撃2015〜厳冬の遊撃戦士(仮題)」として完成予定です。ご期待ください。
冬季遊撃徽章370.jpg



 

関連のコンテンツ紹介です


第6期冬季遊撃課程教育その3 [撮影取材]

冬季遊撃訓練塔370.jpg

 “冬季遊撃”課程教育はニセコでの約20日あまりの山岳訓練を終了し、再び真駒内駐屯地に戻って来ました。
 後半は、いよいよ実戦的な潜入潜在訓練が開始されます。特に空路潜入は冬季における重要な手段のひとつであり、段階的なスキルアップが図られます。
 まずは、真駒内駐屯地の訓練塔を使いまずは、低所から。
 そして、最終段階は実機と同じ約18mの高さからロープを使ったリペリング降下を行います。飛び降りや梯子を使った要領も演練します。
冬季遊撃訓練塔飛び降り370.jpg


 訓練塔での訓練が終わると演習場で実機(HU-1H)を使用した訓練に移行します。
 天候は快晴無風ですが、ヘリコプターのダウンウォシュを浴びると体感は−10度くらいです!
冬季遊撃ヘリと隊員②370.jpg

冬季遊撃ヘリと隊員③370.jpg

 隊員たちが相互に警戒の態勢を取る中、リペリングや飛び降りの実戦的訓練が敢行されました。
冬季遊撃ヘリから③370.jpg

冬季遊撃ヘリから①370.jpg

冬季遊撃ヘリから②370.jpg

冬季遊撃ヘリ飛び降り①370.jpg

冬季遊撃ヘリ飛び降り②370.jpg



関連のコンテンツ紹介です


第6期冬季遊撃課程教育その2 [撮影取材]

冬季遊撃助教と隊員370.jpg

 ニセコトレーニングセンター周辺における冬季山岳基礎訓練の最後を飾るのは、2夜3日の山地潜入総合訓練でした。
 25日早朝、トレーニングセンター横で隊容検査を受けた後、隊員たちは出発して行きました。

 ★アポロ宇宙飛行士ではありませんよ!整列した遊撃隊員たちです。
装備は30Kgを超えます。
冬季遊撃隊員整列370.jpg

 ★山腹をトラバースする隊員たち
冬季遊撃トラバース370.jpg


 取材する私たちは冬季戦技教育隊のスノウトラックの支援を受けてチセヌプリの南斜面の1日目宿営予定地点まで前進しました。スノウトラックの計器盤には可愛い雪だるまが描かれていて遊び心たっぷり! 左側が操縦席でしたが、国産でしょうか? 後で教えてもらいましょう。
冬季遊撃スノウトラック370.jpg

冬季遊撃スノウトラック車内370.jpg

冬季遊撃計器盤370.jpg


 チセヌプリ南斜面には風下側に見事な雪庇(せっぴ)がせり出しており、おそらく厚さは5mを超えるしょう。
 気温は−5℃、微風と言う彼らにとって恵まれた?環境下で、隊員たちは約10mくらいの間隔でバディごとに約4時間をかけて雪洞(横穴式)を掘削しました。
 
冬季遊撃雪洞370.jpg

 その日は出来上がった雪洞で1泊して、翌朝早朝には出発次の目的地五色温泉を目指します。
冬季遊撃山を下りる370.jpg

冬季遊撃警戒中370.jpg

 五色温泉(もちろん温泉そのものではありません)付近に到着した遊撃隊は先行班をもって安全化を確認した後、主力が2日目の宿営地を占領し、雪洞(縦穴式)の構築を開始しました。
冬季遊撃雪洞縦穴370.jpg

 3日目の朝はいよいよアンヌプリ登頂を目指します。(つづく…)



関連のコンテンツ紹介です


「第6期冬季遊撃課程教育」撮影開始! [撮影取材]

冬季遊撃2015遊撃旗370.jpg

 新年早々の1月9日から冬季戦技教育隊が担任する「第6期冬季遊撃課程教育」が開始されました。
 この教育は自衛隊発足間もない頃、名寄において「特戦隊」と呼ばれていた時期を経て、私が1等陸尉であった昭和58年に「冬季挺進集合教育」として教育を受けたこともあります。
 平成21年度に陸幕の正式な課程教育として今回が6期目に当ります。
 HAJIMEVISIONとしては、2009年に一度取材しておりますが、陸幕広報の承認も得て、今回再び教育期間中の主要な科目について撮影取材を敢行することにしました。
冬季遊撃2015入校記念370.jpg
 
 9日の朝、入校式が終わるや遊撃学生たちは一路ニセコの山奥にあるトレーニングセンターに前進し約20日間に渡る教育前半の山岳訓練等に挑みます。
冬季遊撃2015ニセコトレセン370.jpg

 屋内教室における座学では、遊撃行動に必要な基本的な知識を系統的に習得します。
冬季遊撃2015座学全体370.jpg

冬季遊撃2015座学中370.jpg

 今回の学生たちは幹部以下約30名。約半数が北海道外からの参加です。これも陸幕の正式課目となったためでしょう。冬季の作戦行動のスペシャリストたちが各方面隊に育つことを期待されているのだと言えましょう。
 座学の後は、まずは北海道の積雪寒冷を実体験。
 零下の屋外において準備体操、軽易に暖をとる方法、そして凍傷体験(実際に凍傷にはなりませんが)から実習が始まります。−3度程度でも素手や素足を雪の中に10分も置きますと感覚が無くなります。それを実体験することは実際に積雪寒冷下で作戦行動する際の自分の感覚的「尺度」を養うことになるのですね。
冬季遊撃2015準備体操370.jpg

冬季遊撃2015凍傷体験370.jpg

 スキー行進を終えて雪の中で宿営することも学びます。教官助教の展示の後、簡易的な「イグルー」をおよそ1時間半で制作します。バディごとに一致協力して雪のブロックを積み上げて制限時間内に完成させます。
冬季遊撃2015イグルー①370.jpg

冬季遊撃2015イグルー②370.jpg

 「冬季遊撃課程教育」は、まだ始まったばかり。2月末の教育修了まで、要所要所で撮影を続ける予定です。

関連のコンテンツ紹介です


第11普通科連隊の中隊等訓練検閲(2Co/5Co/Ept) [撮影取材]

11i2Co長アップ370.jpg

 ★第2中隊長岩井3佐。精悍な表情が印象的(上記写真)

 第11普通科連隊の訓練検閲が11月20日〜21日行われ、その1日目を取材させて頂きました。
 今回は、第2中隊、第5中隊、施設小隊が、年に1回その訓練練度を連隊長に査察頂く機会であります。
 検閲科目は下記の通り→
 第2中隊:「攻撃に任ずる戦闘団内装甲人員輸送化中隊の行動」 第5中隊:「攻撃に任ずる戦闘団内装甲戦闘車化中隊の行動」 
 施設小隊:「攻撃に任ずる戦闘団内施設小隊の行動」
 課目をご覧になると分かるのですが、第2中隊は73式装甲車、第5中隊は戦闘装甲車(89FV)の相違点があります。
 ★整列する第2中隊
11i2Co整列370.jpg

 ★第5中隊長、岡3佐。フリーカメラマンの素利氏が後方で撮影中
11i5Cot長370.jpg

 HAJIMEVISIONスタッフは小島以下3名(ビデオ:素利、スチル:酒井)。酒井氏は今回が初の本格的な自衛隊取材でした。
 午前2時に小島宅に集合、酒井氏を太平でピックアップし、南恵庭駐屯地に向かいました。
 午前4時半に第2中隊の隊容検査から撮影はスタートしました。
 気温はおよそ零度(体感は−5℃くらい)。きりっと引き締まった隊員たちの表情が印象的でした。
 各中隊、施設小隊はそれぞれ、連隊長に準備完了の報告をした後、隊員の装備そして、車両部隊の準備状況を補助官の幹部たちに念入りに点検を受けました。
 ★隊容検査を受ける施設小隊長岸本2尉
11iEpt長370.jpg

 その後、速やかに状況が開始され車両行進がスタート。

 最初の撮影はAM6:10頃、第2中隊が敵の伏撃を受ける場面でした。11号道沿いに地雷を発見した先遣の前衛小隊は直ちに車両を下車して偵察開始、地雷帯を除去して遅滞なく行進を継続しました。
11i2CoAPC前進370.jpg
11i2Co伏撃対応370.jpg
11i2CoMG手370.jpg

 夜明け前後は最も気温が低下します。一面に霜柱が立つ中を隊員たちは真剣に訓練に取り組んでいました。
 次の状況はAM08:10頃、第5中隊の警戒陣地の攻撃場面。柏木沢付近で敵警戒陣地を駆逐する模様を密着撮影させて頂きました。

 ★第5中隊を待ち受ける赤部隊のFV
11i仮敵FV370.jpg

 ★攻撃する第5中隊のFV、後方に90式戦車が続く
11i5Co攻撃FV370.jpg

 ★障害処理に任じる施設小隊「地雷処理は俺たちに任せろ!」
11iEpt攻撃障害処理370.jpg

 第11普通科連隊は陸上自衛隊唯一の完全機械化連隊です。
http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/7d/hensei/team/i/11i.html
 協同する90式戦車と一体となって攻撃する姿は圧巻!! まさに機械化連隊の面目躍如というシーンの連続でした。
 検閲は、翌21日午前中まで連続状況下で北海道大演習場を舞台に繰り広げられたのでした。

 “我らここに在りて国安らかなり…” お疲れさまでした!!
11i突入FV②370.jpg

11i突入戦車370.jpg



関連のコンテンツ紹介です


日米共同実動訓練“ORIENT SHIELD”総合訓練その2&訓練終了式 [撮影取材]

日米共同恵庭岳とヘリボン370.jpg

 日米共同実動訓練総合訓練の続報です。
 主力の攻撃に連携したヘリボーン作戦が11月5日07:30北海道大演習場島松地区桜森の旧戦闘射場地区に対して日米共同で行われました。
370.jpg

 私が撮影していた木村が丘の主力部隊の位置からは真っ白に雪をたたえた恵庭岳を背景にヘリボーン部隊が飛行して行くのが見えました。
 日本側AH-1S、米陸軍側AH-64Eの支援下に、HU-1H、CH-47、UH-60ブラックホークに搭乗した日米の隊員たちが次々にヘリボーンにより降着しました。
日米共同へリボーン写真①370.jpg

日米共同へリボーン写真②370.jpg

日米共同訓練訓練ヘリボーン①370.jpg

日米共同総合3名の兵士370.jpg

 フリーカメラマンの素利氏は11連隊の広報陸曹とともに台上でヘリの凄まじいダウンウォッシュを受けながら撮影しました。後で気づいたらレンズには飛んできた泥の飛沫がびっしりと付着していたそうです(笑) 自衛隊の撮影は常に過酷ですね。

日米共同訓練訓練終了式①370.jpg

 そして本日は、訓練を締めくくる訓練終了式が東千歳駐屯地で行われました。
 日本側の統裁官である第7師団司令部幕僚長石田1佐からは、「本訓練に参加した日米両国の全ての隊員諸官がその目的を達成したと確信する。ストライカー歩兵戦闘車との実動訓練や旅団戦闘指揮所を研修できたこと等により陸上自衛隊が今後装備する即応機動連隊への資を得た。」との訓示があり、第2−2旅団長ザイスマン大佐と固い握手をしてお互いの健闘を讃え合いました。
日米共同訓練訓練終了式②握手370.jpg


関連のコンテンツ紹介です


日米共同実動訓練“ORIENT SHILD” 2014/総合訓練その1 [撮影取材]

日米共同訓練高機動車内で370.jpg

 10月27日から北海道大演習場を舞台に繰り広げられて来た今回の日米共同実動訓練が、総合訓練最終日を迎えました。
 11月5日早朝04:30!島松の演習場管理統制所で第11普通科連隊広報班長の藤松2尉と会合した我々HAJIMEVISIONのスタッフ3名は、準備して頂いた高機動車で撮影地に向かいました。
 今回の撮影は、私がこの夏から行っている第11普通科連隊の「1年間継続取材」の一環として、第7師団広報の特別な許可を頂き実施することとなりました。
 まだ、東の空も明けやらぬ真っ暗な中を藤松班長の「暗調応」(分かる方は分かりますよね!)を考慮しながらの運転に、現役の頃を思い出しましたね。
 向かった先は第11普通科連隊が敵と接触中の木村が丘南端付近。90式戦車やFVが展開して朝焼けの中を今や遅しと攻撃の時を待っている状況でした。
 我々は演習部隊の状況を壊すことのないように部隊と同様の鉄帽と陸自迷彩柄の外被を貸与され着用しました。

 06:00 11連隊基幹が支援する中を米第1軍団第7師団第2−2旅団のストライカー装甲車が次々と超越して攻撃が開始されました。
 我々の時代(もう10年前)は、バウンダレー(境界)の左右を日米が並列して異軸攻撃するのが常でしたが、今回は、同軸。
 写真をご覧の通り、地雷原を開設した11連隊の施設小隊隊員の誘導のもとに米ストライカー装甲車が突進して行きました。
日米共同ストライカー誘導370.jpg

日米共同総合米車両縦列370.jpg
日米共同総合日米装甲車370.jpg
日米共同総合Ept①370.jpg
日米共同ストライカーと隊員370.jpg

 我々が現役であった時代に比べ、より一層一体感を増した日米共同演習の一端を垣間みることができました。
 ★藤松11連隊広報班長(左)と。私は2等陸尉(笑)
日米共同総合藤松班長と370.jpg


関連のコンテンツ紹介です


日米共同訓練機能別訓練「偵察」(Reconnaissance) [撮影取材]

米軍ストライカー370.jpg

 10月27日から11月7日まで北海道大演習場(千歳・恵庭地区)で行われている日米共同実動訓練(ORIENT SHIELD)。
 本日は日本側、第7偵察隊と米側、第1−17大隊が機能別訓練の科目「偵察」を通じ相互連携要領を訓練しました。
 秋晴れの北海道大演習場島松地区二翁台周辺に展開した米陸軍は、ストライカー装甲車2両、戦闘ヘリコプターAH-64E2機等、人員30名。
 陸上自衛隊は、第7偵察隊の90式戦車4両、73式装甲車5両、81mm迫撃砲1門を含む人員100名。
 状況は、ストライカー装甲車に乗車した米陸軍部隊の偵察行動から開始、地雷原を発見し更に敵陣内へ徒歩偵察を続行。
 第7偵察隊は、90式戦車、装甲車で射撃を含む強行偵察を実施。
射撃中370.jpg

 並行して米戦闘ヘリコプターが支援、上空からの偵察行動を行う形で密接な連携要領を演練しました。
AH-64Eと81mmM.jpg

低空飛行AH-64E370.jpg

取材陣370.jpg


 演習現場でメディア記者等のインタビューに答えた在日米陸軍第1軍団前方司令部の広報室長トナー(TONER)陸軍中佐は日本の陸上自衛隊について「素晴らしい優れた戦闘部隊である。プライドをもって規律正しく鍛錬された隊員たちである。」と高く評価していました。
 私がかつて師団の広報室長として勤務したこと、トナー中佐と同じ階級でしたと話しかけると嬉しそうに握手を求めて来ました。
トナー中佐と370.jpg

 我々の取材撮影活動ももまた日米の絆にちょっとだけ一役買うことができたかも知れませんね。



関連のコンテンツ紹介です


メッセージを送る