So-net無料ブログ作成
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS

第73戦車連隊創立34周年記念行事 [撮影取材]

73TKR創立パレード370トリミング.jpg

 第7師団所属の『勝兜戦車連隊』73rd TANK REGIMENTの創立記念行事を5月28日(土)撮影させて頂きました。
 素晴らしい好天に恵まれビデオカメラ大小5台を駆使して多角的なアングルの映像収録が出来ました。
 私のブログのカバー写真にも飾らせて頂いている第73戦車連隊ですが、企画書が承認されましたら、今後1年間あまりの長期取材が実現してBD/DVD作品「勝兜連隊ここに在り(仮題)」を制作することになります。
 平松連隊長以下連隊の皆様の益々の訓練へのご精励を心より祈念申し上げます。

73TKR創立370-①.jpg


73TKR創立370-②.jpg


73TKR創立370-③.jpg


73TKR創立370-④.jpg


73TKR創立370-⑥.jpg


73TKR創立370-⑤.jpg


73TKR創立370-⑧.jpg


73TKR創立370-⑨.jpg


73TKR創立370-①0.jpg



関連のコンテンツ紹介です


第73戦車連隊長平松1佐を表敬訪問 [訪問記]

73TK連隊長と370.jpg

 本日、南恵庭駐屯地の第73戦車連隊長平松1佐を表敬訪問させて頂きました。第73戦車連隊は歴史は古く昭和27年に群馬県新町駐屯地に独立第1特車大隊として編成され、その後様々な改編の波に洗われながらも平成26年3月に常備化連隊となり現在に至っております。
73TKシンボル370.jpg

 「勝兜(かちかぶと)」がシンボルマークです。表敬記念に「勝兜」の達磨を持って写真を撮らせて頂きました。
 ★シンボルマーク『勝兜』の由来:
「北海道大演習場を見下ろしてそびえる恵庭岳、創隊時の主力戦車である74式戦車の履帯爪と勝利を表したV字を配して、中央に連隊番号の73を戦車に図形化して、全体的に戦国武将の兜に見たて、全隊員の勝利への意気込みを表現している。」

 今週の土曜日28日に連隊の創立記念行事がありますが、平松連隊長のご快諾も得ましてその模様を撮影することになりました。また、今後上級部隊を通じて長期撮影取材の申請をあげることになります。
 連隊の隊員の皆さんに喜んで頂ける映像作品を企画実行できるよう頑張って調整して参りたいと思います。
73TK行進370.jpg

73TK行進②370.jpg


関連のコンテンツ紹介です


松原高廣氏自分史VDVD完成 [新作DVD映像作品]

松原DVDジャケット370.jpg

 今年2月に帯広駐屯地で陸上自衛官としての定年退官を迎えた旧知の松原高廣元二等陸佐の自分史DVDが本日完成をいたしました。御本人の了解を得て少し紹介させて頂きます。
松原DVDラベル370.jpg

 これまで50人近くの自衛官や一般の方の自分史ビデオをお創りして来ましたが、今回の松原氏のDVD作品が最長(70分)です。内容も半端でなく充実したものとなっております。制作者としての私自身の気持ちも入りましたね。
 実は、松原さんとは彼が幹部候補生として倶知安の(今は廃止された)29連隊に配置された時から3度にわたって同じ職域で勤務をした仲なのです。従って資料映像(動画)も数多くあり、私がこれまで制作した自分史作品の中でも特に力が入ったと言う訳です。
 彼は私と同じ熊本県出身なんですが、幼少の頃から叔父に当る小松聡明氏(陸士54期生)から、終戦のために歩兵中隊長になれなかった無念さを聞かされていたそうです。それで叔父の無念の想いを是非自分が実現したいと考え自衛隊に入隊しました。
松原空自370.jpg

 たまたま別の叔父さん(募集業務の自衛官)が入隊を薦めてくれたのが「空自生徒」で、まさか受かるまいと受けたら受かってしまい(笑)あれよあれよで航空自衛隊に10年も勤務してしまった…
 しかしやっぱり歩兵(陸自で言うと「普通科」)中隊長になる夢を捨てきれず、周囲の反対を押し切って空自途中で陸自に転換。一般大(U:法政大学法学部)出身として陸自幹部の道を歩み始めました。
 まるでNHKの「アナザーストーリーズ」を見ているかのような展開です(笑)運命の展開点!!
 新米陸自幹部は空挺や富士の幹部レンジャーを終了し第一線の普通科幹部の道をひた走りました。
 そして苦労の末に平成11年に美幌駐屯地第6普通科連隊第3中隊長を拝命、2年間ではありましたが、叔父さんの悲願だった「歩兵中隊長」になったんです。
松原中隊長行進370.jpg

松原中隊長肩車370.jpg

 倶知安の29連隊勤務では、南西沖地震で奥尻島へ。また連隊廃止直前に豊浜トンネルで崩落事故が発生し現地の対策本部勤務、終了するや連隊の廃止事業。
 帯広駐屯地の第5師団勤務では師団改編(旅団化)の広報班業務に奔走するなど事件事故や部隊改廃編の只中を生き抜いて今年2月に定年を迎えたのです。
 今回、ご本人から退官パーティーと自分史ビデオの両方を依頼され光栄の至りでありました。
 人の人生を映像化するなどおこがましいといつも思いつつ、創って差し上げた御本人の笑みを見ると「ああ、やっぱり創ってあげて良かったな!」と毎回思います。
 今回も松原さんの笑顔が目に浮かびます。

SPINGLE MOVE 和風総本家的日本製スニーカー! [TOPICS]

SPINGLE MOVE370⑤.jpg

 ネット検索中にふと見かけた日本製スニーカー「SPINGLE MOVE」
http://shop.spingle.jp/about
 他メーカーの同種スニーカーと比べると少々お高いが、なぜか気になって仕方がなかった。
 サイト情報を一読し直感的にこれは良いものだ!と感じ思い切って購入してみた。
SPINGLE MOVE370②.jpg
SPINGLE MOVE370③.jpg
SPINGLE MOVE370④.jpg
SPINGLE MOVE370⑤.jpg


 注文した商品は同シリーズの定番的アイテム サイト情報によれば「欧米メーカーは欧米人の足形に合わせているので日本人にとっては足の横幅が広いので窮屈。普通履いてる靴よりサイズひとつ大きめのものを買うことになるが、SPINGLE MOVEは日本人の足に合わせて作っているのでそのままのサイズで注文して下さい」と。少し不安だったが通常はいている25.5(Lサイズ)を発注。ほどなく商品到着。GW期間中の特別プレゼントのシューケアセットも入っておりちょっとお得感!
 箱から取り出して手触り感の印象は「少々硬いな!?」
 履いてみての印象は「少々窮屈か!?」
 
 しかし、1日目履いてみてすぐに足が靴に馴染んで来た。柔らかいホールド感が心地いい!
 靴と足の一体感がたまらない。もちろんデザインも気に入っている。
 日に日に馴染むその感覚はこれまでのシューズにはないものだ。毎日履くのが楽しくなって来た。
 ハンドメイドとあるが大量生産には違いない。しかし写真を見ても分かるようにしっかりとした作りである。創り手の愛情がこもっているように感じられて来るのだ。伝わって来る…
 和風総本家の名品がまたひとつ日本から誕生した…私が今ようやく気づいただけかもしれないが。
SPINGLE MOVEシューケア370.jpg

 プレゼント品のシューケアセットもなかなか良いね。



関連のコンテンツ紹介です!


ZONEに入って来た錦織圭 [気になる…]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00010012-tennisnet-spo
 イタリア国際での錦織圭の昨日のガスケ戦での闘いぶりを見ますと、松岡修造風に言いますとまさに「ZONEに入って来た!」感があります。これは優勝!行けるかも。

第7師団創隊60周年記念行事(昨年)BD&DVD [新作DVD映像作品]

370.jpg

 昨年行われた第7師団創隊60周年記念行事のBD&DVDが完成しました。
 師団広報班の全面協力を得て、業務用カメラ3台、小型カメラ7台で臨場感溢れるダイナミックな映像が65分に編集されております。
 先日開催された2016年行事については小型カメラの映像回収がまだですので、作品としての制作は当分先となります。今の段階ではこの作品が最新のものとなります。
 もしご購入希望の方がございましたらお問い合わせください。
 BD版¥3,500- DVD版¥3,000-(送料¥500-)です。info@hajimevision.comまで。

 Goproなど小型カメラによる収録映像の一部です。
Snapshot233989.jpg

Snapshot68735.jpg

Snapshot124026.jpg

Snapshot267268.jpg

Snapshot101220.jpg

Snapshot101510.jpg

Snapshot251719.jpg

Snapshot353627.jpg


関連のコンテンツ紹介です


メッセージを送る