So-net無料ブログ作成
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS

陸自機LR2の墜落に思う。 [追悼]

LR2①480.jpg

 この度の陸上自衛隊機LR2の墜落には、亡くなられた乗員、そして御家族のことを思いますと胸が痛みます。
 北海道における緊急患者空輸の際の遭難事故と言いますと確か平成6年のやはり道南の遊楽部岳に墜落した航空自衛隊千歳救難隊のUH-60Jが思い起こされました。その時も機長以下4名が亡くなりました。数年前に千歳救難隊の取材をさせて頂いたときに、隊の玄関を入った正面に亡くなった隊員たちを顕彰し事故を決して忘れずに教訓とするモニュメントボードを拝見しました。
 隊のモットーはThat others may live
 私の勝手な訳かも知れませんが、「他者のために生きる」献身的なspiritを表現したものだと思いました。
救難隊メモリアルボード480.jpg

 今回は、救援専門部隊ではありませんが、陸自の隊員たちもまた、助けなければとの一途な思いで函館を目指したことは間違いありません。
 空港を目前にしての不慮の遭難は無念の極みだったことでしょう。
 事故が起こった以上、そこには何らかの原因があると思われます。そこを究明して次に生かすことが亡くなった隊員たちの気持ちに報いることかと思います。
 地元紙、北海道新聞の5月16日朝刊31面に少し気になる関連記事がありました。遭難機の機長が一昨年の札幌での医療関係シンポジウムでの発言だそうです。
 「365日24時間待機している。使用する機体はLR2、一機のみ。横風に弱く、風速毎秒10メートルで運行が制限されてしまう。搬送はジェット機の方が適していると思う。」
 私は職種が違うので、航空科の専門分野の意見もお聞きできればと思います。
 亡くなられた4名の御冥福を心より祈念いたします。
 写真は、今年1月の年初編隊飛行訓練で撮影した当該機体です。北部方面航空隊の所有する機種のなかで唯一の固定翼機。塗装も民間機?かと間違いそうで妙に印象に残ったのを覚えております。以前のLRは国産でOD色塗装でしたが。
 追悼の意味を込めまして、LR2連絡偵察機の勇姿をトップ画面に掲載させて頂きます。

LR2②480.jpg



陸上自衛隊装備百科 (JGround特選ムック)

陸上自衛隊装備百科 (JGround特選ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2014/04/05
  • メディア: ムック



DVD>陸上自衛隊の航空部隊~教育 (<DVD>)

DVD>陸上自衛隊の航空部隊~教育 (<DVD>)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2010/04
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る