So-net無料ブログ作成
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS

夕刊フジの特集コラムから〜桜林美佐さんのレポート紹介 [東日本大震災]

夕刊フジ/ロゴ350.jpg

 産經新聞社が発行する夕刊タブロイド紙の「夕刊フジ」(上記)
 その3月25日号第5面に「誰かのために」と題する桜林美佐さんの緊急新連載レポートが掲載されています。
 札幌在住の私は、たまたま見ていたお昼のテレビ朝日の番組ワイドスクランブルの中でこの記事のことを知りました。佐々木正洋アナが夕刊キャッチアップのコーナーで記事内容を読んで紹介しましたが、思わず涙声になっていました。スタジオでわずかな時間での紹介でしたが、心を打つものがありました。
 夕刊フジは札幌では発行されていないため、すぐに東京の夕刊フジ販売部へ電話をしまして取り寄せました。
http://www.zakzak.co.jp/hanbai/index.html

 ★桜林美佐さんの記事です。
夕刊フジ/桜林美佐さん記事350.jpg


 桜林さんは「東日本大震災と自衛隊」と言うテーマで隊員たちの活動にスポットを当てた連載をしておられます。今回の記事中、私が最も心を打たれた部分を紹介させて頂きます。

『(中略)被災地での救援でも厳しい状況は同様だ。氷点下の気温の中で作業を続けるが、燃料を使うわけにはいかないと、暖をとることも無い。持っていた隊員用の携帯糧食を迷うことなく被災者に渡す隊員ばかりだという。
 空腹の中で作業を終え、ドロドロになった戦闘服を脱ぎ、翌日、またその同じ服を着て出て行く。それは「昨日の記憶を背負いながら行く」ことでもある。
 目をつむると、目の当たりにした遺体の残像が浮かんでくる。それは阪神・淡路大震災のときも同じだった。
 当時若かった隊員が、現在は曹長などリーダー担っており、その経験からか、誰が命令したわけでもなく、夜は5〜6人の作業部隊が車座になるのだという。
 つらかった光景、ひどく悲しかったことなど。黙々と作業をし続けたその日の全てのことを声を出して吐き出し、そして泣く。
 やがて明日も任務を精いっぱいやろうと誓い合って1日を終えるのである…』

 隊員たちの中にも家族を失い被災しているものがいるのだそうです。逆境にめげることなく黙々と現地で活動に当たる隊員たちのことがこのような地道な取材記事を通じて少しでも国民の目に耳に届くことは良いことだと思います。

 桜林さんの最新のコラムはこちらです。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110401/dms1104011542014-n1.htm




終わらないラブレター

終わらないラブレター

  • 作者: 桜林 美佐
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/08/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



海をひらく

海をひらく

  • 作者: 桜林美佐
  • 出版社/メーカー: 並木書房
  • 発売日: 2008/09/17
  • メディア: 単行本



誰も語らなかった防衛産業

誰も語らなかった防衛産業

  • 作者: 桜林 美佐
  • 出版社/メーカー: 並木書房
  • 発売日: 2010/08/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



奇跡の船「宗谷」

奇跡の船「宗谷」

  • 作者: 桜林 美佐
  • 出版社/メーカー: 並木書房
  • 発売日: 2006/10/01
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る