So-net無料ブログ作成
検索選択
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS
前の10件 | -

千歳基地航空祭2016 [撮影取材]

ブログ用千歳基地航空祭③.jpg

 北海道も夏本番!
 季節の風物詩でもありますね千歳基地航空祭、今年も開催されました。
ブログ用千歳基地航空祭⑦.jpg

 晴天のもと、3年ぶりにほぼ予定のフライトが実施されビデオ制作関係者(笑)としては一安心でしたね。まあ、特に目玉と言うのは今回なかったんですけど、フリーカメラマンの素利さんと二人でしっかりと動画&静止画で撮影記録させて頂きました。
 毎回、暑さは覚悟して行くのですが、やっぱり寄る年波には勝てず(笑)と言いますか、帰りの道の駅「花ロードえにわ」で食べたソフトクリームでようやく我に帰りました。
ブログ用千歳基地航空祭⑥.jpg
ブログ用千歳基地航空祭⑨.jpg
ブログ用千歳基地航空祭①0.jpg
ブログ用千歳基地航空祭①①.jpg
ブログ用千歳基地航空祭①②.jpg
ブログ用千歳基地航空祭①③.jpg
ブログ用千歳基地航空祭①④.jpg
ブログ用千歳基地航空祭①⑤.jpg
ブログ用千歳基地航空祭①⑥.jpg
ブログ用千歳基地航空祭①⑦.jpg
ブログ用千歳基地航空祭①⑧.jpg
ブログ用千歳基地航空祭①⑨.jpg
ブログ用千歳基地航空祭②0.jpg

ブログ用千歳基地航空祭②.jpg
ブログ用千歳基地航空祭①.jpg
ブログ用千歳基地航空祭④.jpg
ブログ用千歳基地航空祭⑤.jpg


関連のコンテンツ紹介です


平成28年度北海道災害対策本部指揮室設置訓練 [撮影取材]

ブログ用370指揮室開設訓練⑤.jpg

 7月26日北海道庁で北海道災害対策本部指揮室開設訓練が行われ、道庁職員スタッフ60名が参加、関係機関約100名が見学しました。
 今回、この訓練の映像記録係の役割を与えられフリーカメラマンの素利氏とともに映像&写真データの収集に当たりました。
 何時来るか分からない災害に対する備えは自治体として喫緊の課題です。今回新たに道庁地下1階に完成した指揮室は危機管理センターとして緊急時の司令塔として機能することになります。
 高橋はるみ知事も視察されました。
 自衛隊も現職そしてOBの方々も多く参加しておりその一翼を担う姿は頼もしく思いました。迷彩服の存在に誰も違和感を感じていないのが当たり前のことですがよろしいことかと思います。

ブログ用370指揮室開設訓練④.jpg
ブログ用370指揮室開設訓練②.jpg
ブログ用370指揮室開設訓練①.jpg


 東日本大震災や熊本地震に見られるように日本列島どこで何時災害が起きてもおかしくない状況です。北海道も他人事ではないのです。
 この危機管理センターの設備や運営要領には、自衛隊で培われた指揮活動などのノウハウが陰ながら活かされていることも、内情を多少なりとも知る私としては、皆様にご紹介しておきます。

ブログ用370指揮室開設訓練⑦.jpg
ブログ用370指揮室開設訓練⑨.jpg
ブログ用370指揮室開設訓練⑧.jpg
ブログ用370指揮室開設訓練⑥.jpg
ブログ用370指揮室開設訓練②.jpg


関連のコンテンツ紹介です


「国のために死ねるか」自衛隊特殊部隊創設者の思想と行動(伊藤祐靖著) [書籍紹介]

伊藤氏著書370.jpg

 「国のために死ねるか」(伊藤祐靖著)読了。
 重いテーマではあるが、まるで映画を見るようなイージス艦「みょうこう」の海上警備行動に至るシーンから始まるこの本、一気に読みきりました。第三章、「戦いの本質」に登場するミンダナオ島の謎の?女性ラレインとの出逢いがなければ伊藤氏の現在はないかと思わせる下りは圧巻…まさに個人としての闘いのスキルとはこれなんだ、日本とは守るに値する国なのか?と突きつけられる。
 著者のあとがきには末尾にこう書かれている。
 「私は、元特殊部隊隊員であり、現在も未来も特殊戦の世界で生きていく。しかし、この本は、特殊部隊隊員でも自衛官でもない、ごく一般的な日本人に向けて書いたものである。」
 わずか255ページの薄っぺらい文庫本ではあるが、今の日本人が失った大事なものを思い出させてくれる好著である。
 おそらく伊藤氏が創設された部隊の任務の特性上、このように一般の目に触れる書物にすることには躊躇があったに違いないと推察するが、あえて世に問う決断をされたことに心から敬意を表したい。
 今も黙々と訓練に精励する海自、陸自の精鋭たちにとってそれは励みになると信じたい。存在をひたすら隠すことは必ずしも抑止力につながらない。むしろその逆である。
 私自身気になっていた特別警備隊における死亡事故についても巻末にあえて触れられている。
 その1年半前まで指導に当たっていた者としての無念さが伝わって来て胸が熱くなった。
 実戦ならまだしも、やはり訓練で隊員を失うことはあってはならないのだ。

 ネット上から伊藤氏の現職当時の写真
伊藤氏②.jpg
伊藤氏①.jpg


関連のコンテンツ紹介です


丘珠航空ページェント [撮影取材]

航空ページェント370.jpg

http://sky.geocities.jp/haa_web/pageant/pageant.html
①.jpg

丘珠バートル370.jpg


 本日は、札幌丘珠で開催される航空ページェント。快晴のもと開催予定です。
 昨日は販売用のDVDや写真パネルの納品で陸上自衛隊丘珠駐屯地に行って来ました。
 納品後に時間待ちして、ブルーインパルスなどのリハーサルフライトを撮影しました。本日数多くの航空ファンが訪れることでしょう。
 私のDVDや写真パネルは、防衛弘済会のテント売店や、駐屯地厚生センター内の売店で販売しております。こちらの方も是非お立ち寄りくださいね。
 昨日撮影したリハーサルフライトの写真です。

④.jpg
②.jpg
③.jpg
⑤.jpg
⑥.jpg
⑦.jpg
⑧.jpg
⑨.jpg
①0.jpg
①①.jpg




関連のコンテンツ紹介です


オリンピックと自衛隊〜佐藤登氏の取材 [撮影取材]

ブログ用佐藤登さん取材③370.jpg

 7月6日、陸自OB佐藤登氏(95歳)を撮影取材させて頂きました。
 佐藤氏は陸軍士官学校53期、陸上自衛隊高射特科の幹部として退官。昭和39年東京オリンピックに際しては選手村の管財課長とし支援に当りました。
 今年発刊された「オリンピックと自衛隊」(渡邉陽子著)にもエピソードが紹介されています。

ブログ用佐藤登さん取材①370.jpg

ブログ用佐藤登さん取材⑤370.jpg

ブログ用佐藤登さん取材④370.jpg

 52年前の昭和39年、東京オリンピックで陰ながらまさに獅子奮迅の活躍をした自衛隊の隊員たち。その中核で尽力された貴重な体験を闘病中の佐藤登氏にお伺いしました。
 ライター渡邉陽子さんが隊員たちの献身的な支援にスポットを当てて頂いた「オリンピックと自衛隊」皆さん読んでみてください。きっと感動します。
オリンピックと自衛隊370.jpg


続きを読む


第2師団創立66周年記念行事 [撮影取材]

ブログ用2DFA.jpg

 6月19日、陸上自衛隊旭川駐屯地で第2師団創立66周年記念行事が行われました。
 今回、HAJIMEVISIONの企画として、その準備段階から師団の撮影協力を賜り、その全貌を多角的に捉えた作品創りを行うことにしました。
 まずは、GoProなどの小型ウェラブルカメラを使用し、予行訓練において各種装備の多角的アングルの映像を部隊の協力を得て撮影しました。

ブログ用2D②.jpg

ブログ用2D①.jpg

ブログ用2D③.jpg

 今年4月の熊本地震には、この第2師団からも多くの部隊が派遣されましたが、その派遣指揮官として参加した第2後方支援連隊長の鶴村1佐と、副隊長の大崎2佐に当時の模様をインタビューさせて頂きました。作品の中で災害派遣の活動状況を是非紹介させて頂こうと思います。

ブログ用2D⑦.jpg

ブログ用2D⑧.jpg

ブログ用2D⑼.jpg

 また、行事前日に、旭川駐屯地に隣接する北鎮記念館の紹介用映像を館長以下のご協力を得て撮影しました。
ブログ用2D④.jpg

ブログ用2D⑤.jpg

 行事当日は、好天に恵まれ、式典、パレード、ブルーインパルス展示飛行、訓練展示など、ほぼ予定通り行事は行われ撮影は終了しました。

ブログ用2D①②.jpg

ブログ用2D①①.jpg

ブログ用2D①⑤.jpg

ブログ用2D①⑥.jpg

ブログ用2D①⑦.jpg

ブログ用2D①④.jpg

ブログ用2D①⑧.jpg

ブログ用2Dブルー①.jpg

ブログ用2Dブルー②.jpg


 今回、まさに全面協力頂いた第2師団の各部隊、並びにこちらのわがままな要求にも真摯に対応して頂いた横山広報室に心より感謝申し上げます。
 そして、臨時編成で集まって頂いたSTAFF『TEAM MILITARY-SPIRIT』の皆さん → 
 秋田の熊谷さん(スチルカメラ)、帯広の上田さん(ビデオカメラ)、札幌の素利さん(ビデオカメラ)どうも有り難う!!
 今後は、道北の精強『北鎮師団』の真姿を映像で余すこと無く捉えたBD/DVD作品を心血を注いで編集したいと思います。

ブログ用2D⑥.jpg


関連のコンテンツ紹介です


第73戦車連隊創立34周年記念行事 [撮影取材]

73TKR創立パレード370トリミング.jpg

 第7師団所属の『勝兜戦車連隊』73rd TANK REGIMENTの創立記念行事を5月28日(土)撮影させて頂きました。
 素晴らしい好天に恵まれビデオカメラ大小5台を駆使して多角的なアングルの映像収録が出来ました。
 私のブログのカバー写真にも飾らせて頂いている第73戦車連隊ですが、企画書が承認されましたら、今後1年間あまりの長期取材が実現してBD/DVD作品「勝兜連隊ここに在り(仮題)」を制作することになります。
 平松連隊長以下連隊の皆様の益々の訓練へのご精励を心より祈念申し上げます。

73TKR創立370-①.jpg


73TKR創立370-②.jpg


73TKR創立370-③.jpg


73TKR創立370-④.jpg


73TKR創立370-⑥.jpg


73TKR創立370-⑤.jpg


73TKR創立370-⑧.jpg


73TKR創立370-⑨.jpg


73TKR創立370-①0.jpg



関連のコンテンツ紹介です


第73戦車連隊長平松1佐を表敬訪問 [訪問記]

73TK連隊長と370.jpg

 本日、南恵庭駐屯地の第73戦車連隊長平松1佐を表敬訪問させて頂きました。第73戦車連隊は歴史は古く昭和27年に群馬県新町駐屯地に独立第1特車大隊として編成され、その後様々な改編の波に洗われながらも平成26年3月に常備化連隊となり現在に至っております。
73TKシンボル370.jpg

 「勝兜(かちかぶと)」がシンボルマークです。表敬記念に「勝兜」の達磨を持って写真を撮らせて頂きました。
 ★シンボルマーク『勝兜』の由来:
「北海道大演習場を見下ろしてそびえる恵庭岳、創隊時の主力戦車である74式戦車の履帯爪と勝利を表したV字を配して、中央に連隊番号の73を戦車に図形化して、全体的に戦国武将の兜に見たて、全隊員の勝利への意気込みを表現している。」

 今週の土曜日28日に連隊の創立記念行事がありますが、平松連隊長のご快諾も得ましてその模様を撮影することになりました。また、今後上級部隊を通じて長期撮影取材の申請をあげることになります。
 連隊の隊員の皆さんに喜んで頂ける映像作品を企画実行できるよう頑張って調整して参りたいと思います。
73TK行進370.jpg

73TK行進②370.jpg


関連のコンテンツ紹介です


松原高廣氏自分史VDVD完成 [新作DVD映像作品]

松原DVDジャケット370.jpg

 今年2月に帯広駐屯地で陸上自衛官としての定年退官を迎えた旧知の松原高廣元二等陸佐の自分史DVDが本日完成をいたしました。御本人の了解を得て少し紹介させて頂きます。
松原DVDラベル370.jpg

 これまで50人近くの自衛官や一般の方の自分史ビデオをお創りして来ましたが、今回の松原氏のDVD作品が最長(70分)です。内容も半端でなく充実したものとなっております。制作者としての私自身の気持ちも入りましたね。
 実は、松原さんとは彼が幹部候補生として倶知安の(今は廃止された)29連隊に配置された時から3度にわたって同じ職域で勤務をした仲なのです。従って資料映像(動画)も数多くあり、私がこれまで制作した自分史作品の中でも特に力が入ったと言う訳です。
 彼は私と同じ熊本県出身なんですが、幼少の頃から叔父に当る小松聡明氏(陸士54期生)から、終戦のために歩兵中隊長になれなかった無念さを聞かされていたそうです。それで叔父の無念の想いを是非自分が実現したいと考え自衛隊に入隊しました。
松原空自370.jpg

 たまたま別の叔父さん(募集業務の自衛官)が入隊を薦めてくれたのが「空自生徒」で、まさか受かるまいと受けたら受かってしまい(笑)あれよあれよで航空自衛隊に10年も勤務してしまった…
 しかしやっぱり歩兵(陸自で言うと「普通科」)中隊長になる夢を捨てきれず、周囲の反対を押し切って空自途中で陸自に転換。一般大(U:法政大学法学部)出身として陸自幹部の道を歩み始めました。
 まるでNHKの「アナザーストーリーズ」を見ているかのような展開です(笑)運命の展開点!!
 新米陸自幹部は空挺や富士の幹部レンジャーを終了し第一線の普通科幹部の道をひた走りました。
 そして苦労の末に平成11年に美幌駐屯地第6普通科連隊第3中隊長を拝命、2年間ではありましたが、叔父さんの悲願だった「歩兵中隊長」になったんです。
松原中隊長行進370.jpg

松原中隊長肩車370.jpg

 倶知安の29連隊勤務では、南西沖地震で奥尻島へ。また連隊廃止直前に豊浜トンネルで崩落事故が発生し現地の対策本部勤務、終了するや連隊の廃止事業。
 帯広駐屯地の第5師団勤務では師団改編(旅団化)の広報班業務に奔走するなど事件事故や部隊改廃編の只中を生き抜いて今年2月に定年を迎えたのです。
 今回、ご本人から退官パーティーと自分史ビデオの両方を依頼され光栄の至りでありました。
 人の人生を映像化するなどおこがましいといつも思いつつ、創って差し上げた御本人の笑みを見ると「ああ、やっぱり創ってあげて良かったな!」と毎回思います。
 今回も松原さんの笑顔が目に浮かびます。

SPINGLE MOVE 和風総本家的日本製スニーカー! [TOPICS]

SPINGLE MOVE370⑤.jpg

 ネット検索中にふと見かけた日本製スニーカー「SPINGLE MOVE」
http://shop.spingle.jp/about
 他メーカーの同種スニーカーと比べると少々お高いが、なぜか気になって仕方がなかった。
 サイト情報を一読し直感的にこれは良いものだ!と感じ思い切って購入してみた。
SPINGLE MOVE370②.jpg
SPINGLE MOVE370③.jpg
SPINGLE MOVE370④.jpg
SPINGLE MOVE370⑤.jpg


 注文した商品は同シリーズの定番的アイテム サイト情報によれば「欧米メーカーは欧米人の足形に合わせているので日本人にとっては足の横幅が広いので窮屈。普通履いてる靴よりサイズひとつ大きめのものを買うことになるが、SPINGLE MOVEは日本人の足に合わせて作っているのでそのままのサイズで注文して下さい」と。少し不安だったが通常はいている25.5(Lサイズ)を発注。ほどなく商品到着。GW期間中の特別プレゼントのシューケアセットも入っておりちょっとお得感!
 箱から取り出して手触り感の印象は「少々硬いな!?」
 履いてみての印象は「少々窮屈か!?」
 
 しかし、1日目履いてみてすぐに足が靴に馴染んで来た。柔らかいホールド感が心地いい!
 靴と足の一体感がたまらない。もちろんデザインも気に入っている。
 日に日に馴染むその感覚はこれまでのシューズにはないものだ。毎日履くのが楽しくなって来た。
 ハンドメイドとあるが大量生産には違いない。しかし写真を見ても分かるようにしっかりとした作りである。創り手の愛情がこもっているように感じられて来るのだ。伝わって来る…
 和風総本家の名品がまたひとつ日本から誕生した…私が今ようやく気づいただけかもしれないが。
SPINGLE MOVEシューケア370.jpg

 プレゼント品のシューケアセットもなかなか良いね。



関連のコンテンツ紹介です!


前の10件 | -